中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

富士屋ホテル 本館 花御殿 西洋館 フォレスト館どこに宿泊する?

   ↑  2017/09/29 (金)  カテゴリー: 富士屋ホテル
1878 年(明治11年)創業の箱根宮ノ下温泉 富士屋ホテル。現在ある宿泊棟は、明治24年建造の本館、明治39年建造の西洋館、昭和11年建造の花御殿、昭和35年建造のフォレスト館、あと明治28年建造の別館菊華荘があります。フォレスト館以外は、登録有形文化財です。
今回宿泊し、菊華荘以外はすべての宿泊棟が廊下でつながっていることがわかりました。離れている花御殿、フォレスト館までつながっていることにびっくりです。


4つの館のどこに宿泊したらいいのか?
宿泊料金面から見ると一番高いのは(デラックスツインで比較)、本館。次に西洋館と花御殿が同じ、そしてフォレスト館。ただ同じデラックスツインと言っても、館によって仕様とか広さとか条件が異なるので一概には言えないかもしれません。また同じ館のデラックスツインといっても微妙に違います。
しかし本館は一番歴史がある富士屋ホテルの代表的な館であること、部屋数(ホームページで数えたら13室)が少ないこと、フロントやメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」が近いことかと思われます(エレベーターなし)。室内温泉プールや浴場へ行くには遠くなりますが…

フォレスト館については、部屋数が一番多く、登録有形文化財ではないので、富士屋ホテルのなかでは一番お値打ちに宿泊出来ます。フロントやメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」には少し遠くなります。

で、館をどこにするかは、最後は好みなんでしょうね(はじめての宿泊は、本館、花御殿がおすすめかと思いますが)。


それから
クラッシックホテルなので
設備を期待するよりも
歴史の重みを感じて下さい

今回私たちは、花御殿にお得なプランで宿泊(宿泊後、お得プランと通常プランの違いがわかりましたが…)。どうして花御殿かというと、これまで富士屋ホテルで写真を撮るときには、必ず花御殿をバックにしていたので、憧れと思い入れがあったからです。(2015年1月下旬、日曜泊)


IMG_7965ht-349.jpg


階段を上っていくと本館の車止めのところに


IMG_7608-fujiya.jpg 


本館
2階が客室です(エレベーターなし)


IMG_7898t-3491.jpg



本館の隣の西洋館
2階が客室(エレベーターなし)



 IMG_7770ht-3491.jpg


宿泊した花御殿
(1階~4階客室、3階までエレベーターあり)
フロントやメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」は少し遠くなります
中浴場(温泉)や室内プールが地下にあります


ここは、写真スポットです
(本館まえのテラス)
今回もここで写真を撮りました


IMG_7767h-349.jpg




フォレスト館
(2階~5階客室、エレベーターあり)
宿泊した花御殿の部屋から写しました
ホームページで見ると部屋は他の館同様シックですが、外観は…
赤い手すりは印象的なんですが、建物は学校みたいです


IMG_7650ht-349.jpg 


館内をご紹介します
本館テラスから入ったところ
左がマジックルーム、右に行くとフロント・お土産店


IMG_7840h-fujiya.jpg


マジックルーム
(昔、マジックが行われていたそうです。今はロビーに)

 IMG_7847h-fujiya.jpg



フロント横には、お土産売り場。パンも販売してます
奥はメインダイニング「ザ・フジヤ」の入り口




IMG_7962ht-fujiya.jpg 



メインダイニング「ザ・フジヤ」の詳細は
宿泊者限定の館内ツアーで詳しくご紹介します



あと富士屋ホテルには動物をはじめとしてあちこちに彫刻がほどこされています
それを探すのも楽しいですよ


IMG_7951-fujiya.jpg   
▲ヘレンケラーのために彫った尾長鶏)


  IMG_7954-fujiya1.jpg IMG_7955-fujiya1.jpg 



つぎはいよいよチェックインをして花御殿の部屋に入ります




関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-349.html

2017/09/29 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 富士屋ホテル 本館 花御殿 西洋館 フォレスト館どこに宿泊する?

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)