中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

富士屋ホテル 温泉より憧れ 1度は宿泊してみたい花御殿

   ↑  2017/10/06 (金)  カテゴリー: 富士屋ホテル
富士屋ホテルのティーラウンジでアップルパイと紅茶で優雅なひとときを満喫していると、チェックインの時間に。いよいよ花御殿へとフロントへ向かいます。フロントの方はとても丁寧で親切です。さすが富士屋ホテル。
チェックインのとき、明日の朝食は和食か洋食かバイキングか?の選択がありました。洋食はメインダイニング「ザ・フジヤ」、和食(限定)は別館の菊華荘、バイキングはグリル「ウイステリア」。朝食の場所が3つもあるなんてすご~い。私たちはオーソドックスにメインダイニング「ザ・フジヤ」での朝食を選択。
あと宿泊者限定の館内ツアーの説明もありましたよ。もちろん参加しますと即答。



4階建てで43室を有する花御殿は
外観は大きな千鳥破風の屋根で、校倉造りを模した壁
写真映えする富士屋ホテルの代表的な建物です
もちろん登録有形文化財、近代化産業遺産
ヘレン・ケラーさんもこの花御殿に宿泊したそうです

部屋のタイプは大きく3種類
豪華なスイートやジュニアスイート
シンプルな4階のスタンダードツイン(エレベーターは3階止まり)
そして
今回宿泊した
(2015年1月下旬泊)
デラックスツインがあります



デラックスツインは
33室と部屋数が一番多い部屋
だからデラックスといっても
花御殿の標準的な部屋ですね


IMG_7797-350.jpg
▲花御殿の部屋のドア


花御殿というように、すべての部屋に花の名前が付けられていて
ドアや鍵やじゅうたんなどにもその花が使われています


IMG_7696-350.jpg 
▲浴衣あり

IMG_7703-350.jpg IMG_7704-350.jpg



歴史がある建物にはお決まりのにおいはしましたが…
(鼻がすごくいいので)

それはさておき

いつも外から写真を撮っていた
花御殿の部屋にいると思うと感無量です



内装やインテリアは部屋によって少しずつ違うそうです
この部屋の窓の景色は、裏山とフォレスト館でした


IMG_7626-350.jpg 


家具も重厚な感じがします


IMG_7629-350.jpg 


クローゼットが大きいです


IMG_7641-350.jpg

浴室のつくりは古く
浴槽は狭いです
でも蛇口からのお湯は温泉
他の宿泊客が多く使っている時間帯はお湯の出が悪くなりますので
気長に入りましょう

箱根と言えば温泉ですが
富士屋ホテルは
その点は期待しない方が…



洗面台とお風呂とトイレが同じところにあるので
他の方がお風呂に入っているときは、トイレには入りにくくなります


IMG_7633-350.jpg IMG_7634-350.jpg

IMG_7630-350.jpg


IMG_7631-350.jpg




もう少し広いお風呂に
入りたいという方は



花御殿の地下に男女別の浴室(3~4人)があります
ちょっと寂しい感じですね

IMG_7826-350.jpg IMG_7823-350.jpg



箱根にはオシャレで温泉が素晴らしい宿は沢山ありますが
歴史と格式がある花御殿は別格
一度は宿泊したかった部屋
今回夢がかない満足です
関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-350.html

2017/10/06 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 富士屋ホテル 温泉より憧れ 1度は宿泊してみたい花御殿

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)