中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

お遍路 納め札

   ↑  2017/05/13 (土)  カテゴリー: お遍路
お遍路出発の約3週間前に旅行会社から届いた封書。中には宿泊先のパンフレット、予定表、請求書、納め札、地図、お遍路グッズの申込書などが入ってました。パンフレットの宿泊先が想像していたのより良かったのでテンションアップ。
申し込んだときはまだまだ先だと思っていましたが、いよいよお遍路だという実感も湧いてきました





「納め札」とは何かと調べてはいたのですが、
実物を見ると小さいなぁという印象


下の写真が納め札です

200枚で100円からと格安で通販で購入できます
あるいはツアーに参加するとサービスで貰えたりします

でもただの紙ではありません
お参りするときに(本堂と大師堂)に納札箱に入れる大切な納め札
思いを込めて記入するものです


なので記入は最低でも(八十八寺プラス高野山)×2枚
また、納め札はお参りするのとは別に
お接待された場合やお遍路同士の名刺代わりに
お渡しするのでプラスアルファ―は記入が必要です




記入の仕方は
お参りの前までに
①お参りの日付け 〇年〇月吉日
②住所(町名まででOK)
③名前と年齢(数え)
天下泰平、家内安全の他に願いがある場合は
裏に願い事を書くみたいです



願い事がいっぱい場合は
「諸願成就」「心願成就」



住所の記入欄にはじめから県と印刷されていて
東京都は書きにくかった



IMG_1470-ohenro1.jpg


納め札をどこで納めるか?
心配はありません。行ってみるとすぐにわかります
だいたいお賽銭をあげる付近にありますよ
銀色の箱が納札箱です
近くに写経を入れる箱もあります


IMG_2181 -ohenro1


納め札は白だと思っていたら、お遍路回数
つまり徳を積まれている回数によって色が違います

白1~4回、緑5~7回、赤8~24回、銀25~49回、金50~99回、錦100回以上
一緒のお遍路ツアーの方が赤い納め札でした
見せてもらったときは感動しました




関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-354.html

2017/05/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: お遍路 納め札

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)