中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

お遍路 お遍路グッズと服装 あったら便利なもの

   ↑  2017/05/16 (火)  カテゴリー: お遍路
お遍路のために購入したグッズを紹介します
(すべて個人的な感想です)


【お遍路グッズ必需品】



【白衣(自分で着る用)】袖なし背文字入り サイズM 1800円 

お遍路をする方は、ほとんどの方が着ていました。長袖と半袖があります。長袖を着ている方が断然多かったです。私は、寒暖の差が激しい春なので、半袖にして下の洋服で調節することにしました。暑くても白衣は、脱げませんから。
結果として初夏のような日が多かったので、とても良かったです。
半袖の白衣は左にチャックなしのポケットが一つです。


IMG_2458ー358



輪袈裟(わげさ)】紫1800円
輪袈裟は、写真だと青に見えますが紫です。礼拝の正装具ですので、お遍路に欠かせません。食事やトイレのときは、外します。

【数珠】2000円
自分のがありますが、落とすことが多いとアドバイスがあったので、新たに安いのを購入しました。実際に私も1回境内で落とし、あとから親切の方が拾って追っかけてくれました。


IMG_2459-358.jpg IMG_2460-358.jpg




【ロウソク】1箱300円(62本)×3
四国八十八か所のロウソク立ての穴が大きいらしく、八十八か所用のロウソク購入

IMG_2474-358.jpg


他、必需品【線香】【チャッカマン】【納め札】【経本】【お賽銭】
風が強いときもあり、マッチでは無理です。
線香やロウソクやチャッカマンなどは、途中のお寺で売ってます。チャッカマンは、100円ショップで購入。全周するためには、2本要りました。
お賽銭は、事前に用意していきました。5円玉を200個弱。集めるのが大変でかつとっても重かったです。お寺によって10円に両替してくれるところがありますが、ある程度は事前用意が必要です。
※チャッカマンは、飛行機は持ち込み禁止です。







【便利だったお遍路グッズ】




【山谷袋(さんやふくろ)】防水 3000円


お遍路でしか使えないと購入を迷いました。でも線香の香りがつくし、汚れるし、なによりお参りをスムーズにするために思い切って購入。
付いていた茶色のプラスチックの箱(ロウソクや線香入れ)とチャッカマンを横のポケットに入れたので、ロウソクや線香を素早く取り出すことができ、(線香が引っかかったまま蓋を閉めると折れてしまうので注意)、多くのポケットに経本・納め札・お賽銭など分かり易く入れれたので、余裕をもってお参り出来ました。
他にもお財布、カメラ、ハンドタオル、日焼け止め、化粧ポーチなども入れました。また外した袈裟や数珠なども入れれて良かったです。

デメリットとしては、お遍路への便利さを追求しているので、ファッション性は二の次なので、写真写りがちょっとカッコ悪くなります。あと大きいので邪魔になること、いっぱい入れてしまうので重たくなること。
参加した旅行会社で購入すると山谷袋(防水)がこれしかなかったので、選択の余地がありませんでしたが、インターネットで調べるともう少しコンパクトなものもあります。機能性を求めるなら防水がおすすめです。



IMG_2461-358.jpg


IMG_2462-358.jpg IMG_2464-358.jpg
▲ポケットがいっぱいで、便利です
IMG_2482-358.jpg IMG_2463-358.jpg
IMG_2466-358.jpg IMG_2481-358.jpg
▲線香とロウソク入れ


【管笠大(ビニールカバー・あごストッパー付き)】2400円


弘法大師を表す梵字を前にしてかぶります。右に畳んでいるのがビニールカバーです。雨の日に菅笠(すげがさ)にかけます。
歩きお遍路の方はかぶっている方もいましたが、バスお遍路の方はかぶっている方はあまりいませんでした
肌の弱い私は、大きい菅笠を購入しましたが、春は太陽の日差しが強いので良かったです。また菅笠は、お堂の中(奥の院は脱ぎます)でもかぶったままでいいので便利でした。

そして菅笠をかぶるとお遍路気分は盛り上がります。外国人の観光客の方にも人気で一緒に写真を撮らせて下さいと言われたりしました。
デメリットは、大きすぎて(小さいのもあります)自分の頭の大きさがわからずぶつかることと、バスの中では脱ぐので場所をとるところでした。



IMG_2475-358.jpg


【金剛杖(カバー付き)】1500円


下の写真は金剛杖のカバーのみです。金剛杖は奥の院で納めてきた(カバーは納められません)からです。金剛杖は1番目のお寺と最後の高野山しか使いませんでした。というのも、バスツアーはあまり歩かないので必要なかったのと、お参りするときには、杖立に金剛杖を立てるので忘れそうだったから。

お遍路にとって色々な意味もあり有難いものではありますが、持って帰るのも大変だし、マンションでは置き場に困るし、ましてや粗大ごみにする訳にもいかない…。で、納めようと思いました。
先達さんに「金剛杖を納めたいのですが?」と言うと、「持って帰らないの?色々と説教されるよ」と。納めるときには、金剛杖の意味や大切さ、もうお遍路に来ないのか?など優しく諭して頂きましたが、1000円を払って納めました。先達さんは、「優しい人で良かったね」と。
ちょっと罰当たりかなぁ~。
バスツアーだったら、購入することはなかったと後悔しました。




IMG_2476-358.jpg







【御朱印が欲しい場合】


【御朱印帳】三重折(紺)2000円


せっかくお遍路をするので、御朱印をもらうため購入。普通の納経帳と違い、四国霊場八十八ヶ所の納経帳は、お寺の名前とご詠歌などが書かれていて御朱印の場所が決まっています。また前に白紙のページがあり、一番前のページに高野山奥の院、次に金剛峯寺の御朱印を押します(納経場の方が御朱印帳をみてちゃんと押してくれます)。奥の院と金剛峯寺だけは日付が入ります。
お遍路で御朱印をもらう場合は、せっかくなら専用の御朱印帳を購入をお勧めします。



IMG_2472-358.jpg IMG_2473-358.jpg  
▲御朱印が立派です


【御影帳(おみえちょう)】カラー写真入り青 2000円

納経帳(御朱印300円)や納経軸(御朱印500円)に御朱印するとご本尊御影が一枚いただけます。それを保存する帳面です。白衣(御朱印200円)だけの場合はもらえません。
ご本尊御影というのは、下右の写真の左ページ下にあるものです。とても紙が薄いのでファイルをしないとすぐに折れたり紛失しそうなので購入しました。


 IMG_2468-358.jpg IMG_2471-358.jpg      
▲御影帳(おみえちょう)

【御朱印用白衣】2800円
御朱印用白衣には、四国八十八ヶ所の寺、高野山奥の院のご詠歌が印刷されていて、そこに御朱印をもらいます。御朱印用白衣は、洗濯はしません宗派により異なる御朱印用白衣もあり、私は曹洞宗用を購入しました。



【服装】

前泊入れて、4月中旬~下旬の11泊12日のお遍路ツアー。旅行会社からは、コインランドリーもあるので3~4泊くらいの用意で大丈夫ですよとアドバイスがありましたが、心配だったこと、直前に寒くなり厚手の物やコートを入れたことにより結局大荷物。
途中のホテルでお土産と一緒にコートや厚手の洋服などいらないものは、家に送りました。
しかし、4月上旬のツアーでは雪が降ったみたいですから、寒暖の差が激しい時期の洋服は難しいですね。

実際の洋服は、ユニクロの長袖の白いリブハイネックとベージュのゴムのズボンと袖なしの白衣。
寒いときようにパーカーを用意。ハイネック、ズボンは着ている他に3枚予備。ズボンについては、雨が一日しか降らなかったし、替えなかったので余分でした(雨が降ると困るのですが…)。

色は、なるべく白っぽいものとアドバイスがありました。なので、私は、洋服はもちろんのこと、靴下、靴まで白ぽいのを購入。。「まぁ真面目なんだからぁ」とツアーの大先輩に言われていました。他の方を見ると長袖の白衣は着用していますが、洋服は様々な色でした。ズボンは、ジーンズの方もいました。あまり派手な色でなく、白衣さえ着ていれば大丈夫みたいです。

しかしお参りの人のなかには、ちゃんと白い色の服装の方々も少数ながらいました。

お遍路の服装以外にホテルに宿泊するときは寝間着はありますが、食事の時など部屋から出るときは、寝間着はだめなので、スエットなどの部屋着を用意した方がいいです。



洗濯は、コインランドリーを1回利用しましたが、洋服の痛みが激しく下着や上着(リブハイネック)は毎日手洗い。よく絞り、バスタオルに巻き、上から踏むんでから、干すと次の日には乾いていました。これだと3~4泊の用意で充分ですね。
あとホテルによっては、ありましたが、服の消臭剤があると大変便利です



春は、日差しは強いし、暖かくなるとすぐ虫が出るし、標高が高い寺は少し寒いので女性は長袖がいいと思います。虫よけ、日焼け止めは必須です。それから、高野山は寒いので、羽織るものを忘れずに。
4月下旬でもストーブがついてました






関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-358.html

2017/05/16 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: お遍路 お遍路グッズと服装 あったら便利なもの

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)