中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

お遍路ツアー 8日目 銭形砂絵で金運もアップ

   ↑  2017/06/27 (火)  カテゴリー: お遍路
午後は、7ヶ寺もお参りします。基本的にお参り重視のジャンボタクシーのお遍路ツアーですが、時間に少し余裕がある場合は、先達さんの機転で、お寺の近くの観光名所にも連れていってくれます。でも大忙し。お寺の納経所が開いている時間は、7:00~17:00。お参りはいつでも出来るのかなと思っていたら、17時近くにお寺にお参りに行くと、線香を立てるところを綺麗に掃除されている最中で、線香を立てるのがはばかれる感じ。なかには境内に入れなくなるお寺もありました。
歩きお遍路の方は、時間も気にしないといけないので、大変なことだと思います。


【銭形砂絵 (ぜにがたすなえ)】12:48
観山寺から約1キロのところにあるので、昼食後連れて行ってくれました。
有明浜に描かれている「寛永通宝」は、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルもあるそうです。琴弾公園の展望台から眺めると円の形をしているのに、実際は楕円なんですね。
寛永10年(1633年)、丸亀藩主生駒高俊侯を歓迎を表すために一夜で作った伝えられています。
この銭形を見た方は、健康で長生きできお金に不自由しなくなるといわれているそうで、実際に宝くじの高額当選をした人も。金運スポットとしても知られているみたいです。



IMG_2153-ohenro.jpg



お遍路中なので煩悩は捨てないといけないですが…
金運アップです


IMG_2150-ohenro.jpg
▲琴弾公園の展望台から



【第七十番札所 本山寺(もとやまじ)】13:05


IMG_2158-ohenro.jpg 
▲本堂(国宝)

五重の塔は大修理中でした



IMG_2157^ohenro IMG_2159-ohenro.jpg 
 

【第七十一番札所 弥谷寺(いやだにじ)】13:50
このお寺も、岩屋寺(第四十五番札所)と同じくらい印象に残ってます。あまり歩かないジャンボバスツアーですが、弥谷寺は岩屋寺と同じくらい大変です。

山門から本堂までなんと540段


しかし階段の数を減らす方法があります。「山上バス」というバスがあるのです(片道登りのみ500円、往復750円)
同じツアーのメンバーで、540段の階段を全部上り切ったのは、私を含め2人。他の方は、この「山上バス」に乗車。
私たちが270+108段の階段を上ったところまでバスで来れます。そこで皆さんと合流。でもここからでも本堂まで約200弱の階段がありますので、高齢の方や足腰の悪い方は大変ですね。

IMG_2163-ohenro.jpg
▲山門(ここまでにも階段があります)
 IMG_2164-ohenro.jpg IMG_2165-ohenro.jpg 


金剛拳菩薩がお迎えしてくれます
写真は肝心なお顔が葉で隠れてしまいましたが…
ここで270段目です



IMG_2166-ohenro.jpg 


108段の階段 
 
IMG_2167-ohenro.jpg
▲百八階段


108階段を上がったところで、「山上バス」組との待ち合わせ
ほぼ到着は同時でした
ここからもうちょっと上がると大師堂
しかし
お遍路のお参りはまず本堂
ということで、大師堂を素通りし
本堂へ行くためにまた階段を上ります

IMG_2170-ohenro.jpg 


本堂に行く途中の右の岸壁に大師が彫ったとも伝えられる
磨崖仏(まがいぶつ)があります
念仏を唱えると極楽浄土が約束されるそうです

IMG_2173-ohenro.jpg
▲磨崖仏


皆さんゆっくりゆっくり
ベンチで休憩し英気を養ってから
最後の階段をあがり本堂へ

階段を上がり切った風景は最高です
(写真を撮り忘れてしまいました…)

IMG_2172-ohenro.jpg
▲本堂


本堂のお参りのあと、上ってきた階段を下り大師堂へ
弥谷寺の大師堂は、靴を脱いでお参りします
納経所もここにあります
  IMG_2174-ohenro.jpg
▲大師堂


参道には俳句茶屋がありました
お遍路さんが読んだ俳句が壁などに貼ってある有名なお茶屋さんだそうです
やっているのか、ちょっとよくわからなかったです

IMG_2175-ohenro.jpg 
▲俳句茶屋




【第七十二番札所 曼荼羅寺(まんだらじ)】14:48

四国霊場最古のお寺だそうです


IMG_2178-ohenro.jpg 
▲本堂



【第七十三番札所 出釈迦寺(しゅっしゃかじ】15:23


IMG_2185-ohenro.jpg 
▲大師堂


大師が身を投げたと言われる場所が、捨身ヶ嶽禅定(しゃしんがだけぜんじょう)と呼ばれていて、現在出釈迦寺の奥の院となっています。そこまで行けない方も、捨身ヶ嶽遥拝所で宝号を唱えると捨身ヶ嶽禅定と同じご利益があるそうです。


IMG_2187-ohenro.jpg



【七十四番札所 甲山寺(こうやまじ)】15:43

大師が彫ったという毘沙門天像が安置されているお堂


IMG_2191-ohenro.jpg 


【七十五番札所 善通寺(ぜんつうじ)】16:12
弘法大師誕生の地である善通寺は、高野山の金剛峯寺、京都の東大寺とならぶ、弘法大師のゆかりの三大霊跡の1つです。総面積約45,000平方メートルの広大な境内は、東院と西院にわかれています。東院には、金堂(本堂)や五重の塔、西院には御影堂(大師堂)があります。

IMG_2196-ohenro.jpg 
▲金堂(本堂)


 IMG_2197-ohenro1.jpg IMG_2198-ohenro1.jpg 
▲五重の塔 ▲樹齢1000年を超えている大楠



西院へ仁王門から入ります



IMG_2199-ohenro.jpg 
▲仁王門


仁王門から御影堂(大師堂)へ回廊が続きます


IMG_2201-ohenro.jpg






【七十六番札所  金倉寺(こんぞうじ)】16:44
17:00までのお参りにギリギリ間に合いました。天台宗寺門派の宗祖で、弘法大師の甥の智証大師誕生の地です。大師堂には、智証大師像と弘法大師像が安置されています。日本で初めて鬼子母神があらわれたお寺です。
IMG_2211-ohennro.jpg 
▲大師堂




【オークラホテル丸亀】チェックイン17:33
すぐ目の前が海です。部屋は、すごく豪華というわけではありませんが、1人宿泊としては十分な広さ。大浴場が3階にあって、瀬戸内海を一望出来ます。


IMG_2212-ohenro.jpg

IMG_2216-ohenro.jpg IMG_2213-ohenro1.jpg


【夕食】19:00~
お品書きもあって、一品一品趣向が凝らされていて楽しめました。接客もよく、たぶん宿泊料金の割にはコスパがいいと思います。


IMG_2218-ohenro.jpg IMG_2219-ohenro.jpg
IMG_2220-ohenro.jpg IMG_2221-ohenro.jpg 
IMG_2223-ohenro.jpg IMG_2224-ohenro.jpg 
IMG_2226-ohenro.jpg IMG_2227-ohenro.jpg 


お茶を飲んだら、湯のみの底から可愛いフクロウが


IMG_2228-ohenro1.jpg


おやすみなさい



関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-387.html

2017/06/27 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: お遍路ツアー 8日目 銭形砂絵で金運もアップ

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)