中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

お遍路ツアー 10日目 祝 結願 大窪寺で結願証明書もらいました

   ↑  2017/07/15 (土)  カテゴリー: お遍路
お遍路ツアー(4月下旬)10日目は、朝から雨。今回のお遍路ツアーは、天候に恵まれていたので、朝から雨なのは初めてです。もうすぐ結願する(八十八ケ所全ての札所を参拝すること)と思うと、今日の天気のように感無量で涙が溢れそうになります。


【八十七番札所 長尾寺(ながおじ)】8:26
源義経の側室静御前が出家した寺として知られています

IMG_2329-ohenro.jpg
▲本堂


静御前がそり落とした髪を埋めた剃髪塚

IMG_2331-ohenro.jpg



途中、前山地区活性化センター「おへんろ交流サロン」に寄りました
お遍路の資料が展示されたり、お遍路同士交流出来たりします



【八十八番札所 大窪寺(おおくぼじ)】9:33
四国霊場最大級の仁王門があるみたいですが、残念ながら見ませんでした

IMG_2333-ohenro.jpg
▲山門


IMG_2337-ohenro.jpg 
▲本堂


祝 結願です
言い表すことが出来ない感情が
こみあげてきます



希望すれば、納経所で
結願証明書を頂けます
結願証明書と筒で
2,000円です

目の前で書いて頂き
結願証明書の墨を自分でドライヤー(置いてある)で乾かします


せっかくの記念ですから
ご希望の方は忘れずに
ぜひもらって下さいね



IMG_2790-ohrnro.jpg
▲結願証明書


大窪寺の前のお店でみんなでお茶し、しばし休憩

IMG_2339-ohrnto.jpg 

 

記念に結願だんごをお土産に購入


IMG_2767-ohrnto.jpg IMG_2772-ohrnto.jpg 
▲賞味期限約2ヶ月


これから結願のお礼と報告をするために
高野山へ向かいます

白鳥インター→鳴門・淡路経由→泉南インター

IMG_2340-ohrnto.jpg
▲淡路サービスエリア あまおうソフト450円



途中でのトイレ休憩や昼食の時間を含め
約7時間で和歌山県 高野山へ到着です



【高野山】15:37
高野山は、その名称の山があるのかとずーっと思っていましたが…ないのですね。恥ずかしながら初めて知りました。
和歌山県の北東部の山々と、その山々に囲まれた宗教都市(東西6キロ、南北3キロ、周囲15キロの広さの盆地に金剛峯寺をはじめ117寺院が密集)の総称なんですね。そこには、お寺だけでなく学校や病院や警察や銀行など普通の生活に必要な施設もあります。

2015年に開創1200年を迎えた高野山は、2004年には世界遺産(吉野、大峰、熊野三山と参詣道)に登録されています。




高野山の玄関、大門(重要文化財)


高さは25.1メートルもあります
大きい
左右には金剛力士像

IMG_2342-ohenro.jpg 
▲大門

 
今日は、高野山の二大聖地の1つ
(あと一つは、もちろん奥之院)
檀上伽藍(だんじょうがらん)へ
お参りに行きます


檀上伽藍は、弘法大師が嵯峨天皇の許しを得て高野山を開くときに、初めに整備したところだそうです。金堂と根本大塔を拝観(各200円)しました。


 
IMG_2354-ohenro.jpg 
▲中門


高野山の総本堂


IMG_2353-ohenro.jpg 
▲金堂



言密教の根本道場におけるシンボルとして建立されたもので
写真だとあまり大きく見えませんが
高さ約48.5メートルもあり、日本初の多高塔と言われているそうです

IMG_2347-ohenro.jpg 
▲根本大塔(こんぽんだいとう)拝観料200円



ぜひ体験してみて下さい
見えますか?
下のところに「とって」が複数ついていて
この六角経蔵をぐるりと回すことが出来ます
一回りすれば一切経を一通り読誦した功徳が得るといわれているそうです



IMG_2352-ohenro.jpg
▲六角経蔵(ろっかくきょうぞう)



三鈷の松(さんこのまつ)
弘法大師が唐から帰国するときに、真言密教をひろめる場所を探すために日本へ向けて投げた三鈷杵(さんこしょ)がひっかかっていたのが、この松です。そして、それを見つけた弘法大師は、高野山を密教を広める相応しい土地だと決意したそうです。
お遍路中のお寺でもよく見かけた三鈷杵(さんこしょ)は、金剛杵(こんごうしょ)という密教法具のひとつで、両脇の刃の数によって名称が違います。もともとインドの武器からきたものですが、刃というよりは怪獣のごつごつした指みたいな感じです。

日本のアカマツ、クロマツなどの松は、二葉なのに対し、この松は三鈷杵と同じく三葉のため、「三鈷の松」としてまつられるようになったそうです。


参詣者の方々が、縁起物として松の葉の落ち葉をお守りにします



三鈷の松(さんこのまつ)の下を
探してみて下さいね

IMG_2348-ohenro.jpg
三鈷の松(さんこのまつ)


仏教なのに鳥居
神仏習合の象徴ですね



IMG_2351-ohenro.jpg 
▲御社(みやしろ)


 
他にも檀上伽藍は、みどころいっぱいです
次回訪れたときは、ゆっくりお参りしたいです



今日は、高野山にある遍照尊院の宿坊に泊まります





関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-391.html

2017/07/15 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: お遍路ツアー 10日目 祝 結願 大窪寺で結願証明書もらいました

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)