中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

お遍路 高野山 遍照尊院 宿坊に宿泊

   ↑  2017/07/18 (火)  カテゴリー: お遍路
お遍路ツアーの最後の宿泊は、高野山 遍照尊院。宿坊は今回のツアーで2泊目ですが、高野山の宿坊は特別な感じがします。
高野山のお寺は、半分くらい宿坊があるそうです。宿坊というと、厳しい戒律そして修行というイメージがしますが、朝のお勤め(自由参加)がある以外は、ふつうの旅館とあまり変わりませんでした。
せっかくなので、宿坊に宿泊したら朝のお勤めはぜひ参加してみて下さい(たぶんお勤め代も宿泊費に含まれていると思うし)。朝から凛とする感じがします。
私たちが宿泊したときは、4人の外国人の方も朝のお勤めに参加。お参りの作法がわからなかったのですが、別のお遍路ツアーの方が一緒にお参りしてあげて、無事にお参りが出来ました。





IMG_2386-393.jpg 
 IMG_2389-393.jpg 


部屋は39室あり、パンフレットに掲載されている
お風呂が付いている豪華な部屋もありますが
私たちが宿泊するお部屋は…
民宿風でした



急な階段を10泊11日(プラス前泊1日)の大きな荷物を持ち2階へ

IMG_2363-393.jpg



部屋の鍵は昭和レトロ感いっぱいです
お遍路へ来ている人は悪い人はいないと思うから
鍵は簡素で十分なのかぁ

IMG_2385-393.jpg  


1人にしてはかなり広いです
畳みが古く、歩くとペコペコ、ミシミシ
破れて下に落ちないか心配でした
それに隣や下の部屋の音がよく聞こえます
トイレ、洗面所共同なので
2階から下りるのがちょっと面倒でした
お風呂は大浴場
大きい浴槽と小さい浴槽があって
小さい浴槽の方は、生薬が入っていて
とても気持ち良かったです



IMG_2355-393.jpg



テレビはありますが、音が聞こえすぎるので迷惑になりそうで見れず
海抜1000メートルの山の上は
4月下旬の宿泊でしたが
ガスストーブがないと寒かったです



IMG_2358-393.jpg  


バスタオルはありませんが、浴衣とタオルがあります
あとお茶菓子があったのは、嬉しかったです

 
IMG_2359-393.jpg IMG_2360-393.jpg  


夕食中にお布団を敷いてくれました

IMG_2379-393.jpg IMG_2378-393.jpg


故人や先祖の供養をする申込書が部屋にありました。せっかく高野山の宿坊に宿泊したので、母の供養をお願いしました。
戒名(俗名でも)、年齢、命日、自分の名前、住所を記入し、1年間毎日お経を読んで頂くコースを選択し、1万円お布施しました。他に3000円(たぶん)のコースもありました。
宗派は違うのですが、弘法大師の真言宗は宗教、宗派の分け隔てはないので、きっと母の供養になるし、喜んでくれると思います。ちょっと親孝行した気分。



IMG_2383-393.jpg

IMG_2376-393.jpg


【夕食】18:00~
食事処で、ツアー皆で食事。イスの食事処もあると思いますが、お遍路ツアーなので、畳です。懐石料理のように品が数が多くびっくりです。十楽寺の宿坊での夕食には刺身もあったのですが、さすがに高野山なのか、精進料理。もちろん宿泊料金によって、食事の品数は違います。

IMG_2369-393.jpg IMG_2370-393.jpg
IMG_2367-393.jpg IMG_2366-393.jpg
IMG_2374-393.jpg IMG_2372-393.jpg
IMG_2373-393.jpg IMG_2375-393.jpg
IMG_2368-ohenro.jpg IMG_2371-ohenro.jpg



【朝食】6:50~
お勤めが終わり、本堂の地下にある四国霊場八十八ケ寺のお砂踏みをしてから朝食です。
IMG_2384-393.jpg


朝食を食べているときに、母の供養をお願いしたのでお品を頂きました
檀上伽藍の三鈷の松の葉もありました

思いもよらなかったので、頂いて嬉しくなりました

IMG_2791-393.jpg

朝食後、売店で荷物を宅急便で送り
高野山奥之院へ出発です
ちなみに売店は、高齢の女性が一人でやっていることが多く
営業時間は定かではないとのこと
朝は、朝食後なら開いているとのことでした


関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-393.html

2017/07/18 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: お遍路 高野山 遍照尊院 宿坊に宿泊

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)