中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

鉛温泉 藤三旅館 湯治好みのご夫婦にお勧め

   ↑  2017/08/11 (金)  カテゴリー: 花巻温泉郷鉛温泉
新花巻駅から無料シャトルバスに揺られ50分ちょっとで鉛温泉のバス停へ。そこで宿の送迎バスに乗り換え、今回(3月中旬平日)の2泊3日の宿「藤三(ふじさん)旅館」に到着です。今年は雪が少ないらしく、道中あまり雪が積もってませんでした。無料シャトルバスは、花巻で補助席を全部使い切るほどの超満員になりましたが、途中にある温泉のバス停で次々と降り、終点ひとつ手前の鉛温泉で降りたのは、私たち夫婦の他に1組のご夫婦のみ。
藤三旅館の送迎バスは、宿の旅館部(今回の宿泊)、湯治部、別邸の十三月と回ります(徒歩でも行けます)が、他の1組のご夫婦も旅館部の宿泊でした。


IMG_1280-396.jpg



藤三旅館は
鉛温泉の一軒宿
「新日本百名湯」「日本温泉遺産」
に選ばれています


本館は昭和16年に建てられた総ケヤキづくりの3階建て
赤い屋根が印象的ですね
田宮虎彦の小説「銀心中(しろがねしんじゅう)」の舞台にもなりました


IMG_1278-396.jpg
▲旅館部の玄関になります




玄関を入ると赤い絨毯が目に入ります


IMG_133-396.jpg 
▲玄関・フロント

IMG_1286-396.jpg
▲ロビー


IMG_1265-396.jpg
▲ロビー


ここ藤三旅館は
「海街diary」のロケ地にもなりました
ロビーには、出演した女優さんのサインが飾ってありました
映画のなかでは、山形県河鹿沢温泉の「旅館あずまや」として登場
宿の入り口の戸のガラスには「藤三旅館」と書いてありますが
撮影の時はそれを書きかえたそうです

IMG_1330-396.jpg

IMG_1267-396.jpg 
▲ロビー脇の寛ぎ処


エレベーターが可愛いです


IMG_1255-3961.jpg IMG_1251-3961.jpg


エレベーターを上がり部屋へ
ドアは引き戸かと思いましたが、普通のドアです


IMG_1256-396.jpg




今回の温泉旅行は東北新幹線を利用するので、交通費の割引が高いびゅうで予約
びゅうの「地・温泉」(3月中旬平日)
大人1人33,700円(東北新幹線+1泊)+連泊15,800円

宿泊だけなら宿のホームページから予約すると
8,000円くらいからのお得なプランもあります
もちろん部屋の大きさや料理は違うと思いますが…



藤三旅館は、この木造3階建ての本館と鉄筋の別館があります
今回泊まった部屋は本館。8畳+3畳(荷物置き?)+窓側のスペース
2人には十分な広さです
窓からは眼下に流れる豊沢川を眺められます

洗面台はありますが…
本館は部屋にトイレがありません
(別館にはトイレがある部屋があります)
部屋から出ていくのは面倒なのですが
平日で宿泊客が少ないこともあり、トイレで人とカチ合うことはありませんでした


IMG_1232-396.jpg 


接客は予想以上によく
落ち着いた雰囲気で、居心地が良かったです
お湯が素晴らしいのはもちろんのこと食事も美味しかったので
湯治好きなご夫婦にはとてもお勧め
2連泊中どこにも行かず部屋でゆっくり贅沢な時間を過ごしました
Wi-Fiもありますが、折角こういう所に来たのですから、のんびりしたいですね

外出するなら、新鉛温泉(愛隣館)まで歩いて10分弱なので湯めぐりも出来ます



IMG_1233-396.jpg IMG_1235-396.jpg
▲右の写真、奥に見えるのが洗面台

IMG_1237-396.jpg IMG_1238-396.jpg


窓からの風景


IMG_1317-396.jpg 


旅館部の他に湯治部(食事があるプランもあります)があり
廊下でつながっています
湯治客が旅館に入館出来るのは入浴のみとなります


白猿の湯や湯治部へ行く途中に売店がありました
日常品や食料も売ってます
売店のマドンナは、超ベテランのおばあちゃん
とっても小柄なおばあちゃんで
レジに座っていたのに品物で隠れていて気づかずびっくり



IMG_1252-396.jpg
▲売店



食事は次のページでご紹介します(予定)


関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-396.html

2017/08/11 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 鉛温泉 藤三旅館 湯治好みのご夫婦にお勧め

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)