中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

花巻駅徒歩10分 やぶ屋総本店 わんこそば初体験

   ↑  2017/09/01 (金)  カテゴリー: 花巻温泉郷鉛温泉
岩手県の名物といえば「わんこそば」が有名ですよね。一度はトライしてみたいと思っていました。わんこそば発祥の地については、盛岡という説と花巻という説があり、それぞれのエリアにお店があります。せっかく花巻温泉郷の鉛温泉まで来ているのですから、これは食べない訳にはいきませんよね。

事前に花巻市内でわんこそばを食べられるお店を調べると、「やぶ屋総本店(花巻駅より徒歩10分)」「嘉司屋(花巻駅より車で10分)」「金婚亭(新花巻駅より車で10分、大型レストラン)」「山猫軒(新花巻駅すぐ)」の4軒。
今回は花巻駅付近の観光もしたいと思っていたので、花巻駅から徒歩10分で行ける「やぶ屋」を選びました。
ちなみに花巻駅から車で10分の「嘉司屋(かじや)」は、全国的に有名になった「わんこそば全日本大会」の発祥のお店で、マッチ棒で杯数を数えるそうです。宮沢賢治も良く来店し「かしわ南蛮」を食べたというお店です。 


さて、藤三旅館(お湯や食事を堪能)をチェックアウトし、9:47発の無料シャトルバスで鉛温泉に別れを告げました。10:30に花巻駅に到着すると、まずは花巻市内の観光マップはないかと花巻観光案内所(花巻駅に向かって左側すぐ)に寄りました。花巻観光案内所は、小さいですが担当のかたがとても親切で、「やぶ屋総本店でわんこそばを食べたい」と言うと、地図で場所を教えてくれて、予約までとってくれました。


IMG_1404-400.jpg
▲花巻観光案内所


教えてもらった通りに、迷わず「やぶ屋」に到着

昼の部11:00-15:00(ラストオーダー14:50 わんこそば14:30)
夜の部17:00-20:00(ラストオーダー19:50 わんこそば19:30)
休日は月曜日(祭日の際は火曜日)

IMG_1344-400.jpg 
▲やぶ屋総本店


わんこそばの写真が貼ってあります


IMG_1350-400.jpg 


11:05お店に入ります
予約してもらっていたのでスムーズに席に案内されました


IMG_1351-400.jpg 


店内には、花巻出身の宮沢賢治の展示がありました
賢治はやぶ屋総本店さんによく訪れて
「天ぷらそばとサイダー」を注文していたそうです
このお店のことは

「BUSH(ブッシュ_英語で「薮」の意味)」と呼んでいたとのことです


IMG_1355-400.jpg 

開店まもなくだったので、
ほとんどお客さんはいませんが
お昼頃に出るときは地元のお客さんで混雑していました
地元のお客さんの人気のお店みたいです


IMG_1381-400.jpg 



やぶ屋総本店は、給仕の方が1杯1杯
お椀にお蕎麦を入れてくれる
本来のわんこそばです


やっぱり給仕してくれないと雰囲気が出ないし
お椀が積まれているのを見るのが楽しいですよね
蓋を閉めるまでお蕎麦は食べ放題です


わんこそばにもコースがあります
上わんこそば(中学生以上)3,000円
特上わんこそば4,000円(中学生以上)(てんぷら、デザート付)
ちびっこわんこそば(小学生未満)2,000円
お子様わんこそば(小学生)2,500円

※すべて税別
料金が高めなのは、給仕の方がいるからでしょうね


上わんこそばを注文
(特上わんこそばは豪華すぎて、肝心のそばが食べられそうもありません)
席に着くと

エプロンとその上にわんこそばの心得と
その裏が証明書になるパンフレットが置いてあります

黒い器は、わんこそばの御汁を入れるものです


IMG_1356-400.jpg 


続いて刺身や薬味が運ばれてきました
これだけでお腹いっぱいになりそう…

IMG_1358-400.jpg 
上わんこそば(中学生以上)3,000円



私たちの隣の席では
既に男性3人組がわんこそばに挑戦中
いかにも出張に来たサラリーマンという感じ




私たちも準備ができ、
男性3人組と一緒のお給仕でにわんこそばが始まりました
励まされながら楽しく進行
急がされる訳ではありませんが
やはりお椀にお蕎麦が入ると食べない訳にはいかない感じがするので
人数が多いほうが楽しいし
給仕がゆっくりとなるので気持ちに余裕が持てます
先にスタートしていた男性3人が次々と終了し
私たちだけになるとペースが速くなりました


わんこそばの心得には
たくさん食べるコツは、そばをかまない
おつゆをあまり飲まないと書いてあります


おつゆはそれほど味はついていないので、薬味で味の変化を付けながら食べます
薬味も美味しいです
やっぱりそばはかまないと食べられませんでした

お椀に入れられるそばは、量が1杯1杯ちょっとずつ違い
少ないとラッキーなんて感じになります
食べている途中は数えないで…と言われますが
やっぱり何杯食べたのか気になります

でもまだ11時ちょっとすぎ
藤三旅館で美味しい朝食を沢山食べたのであまり食べられませんでした




わんこそば初体験
約20分弱で終了


お椀が目の前に積まれた写真
(旦那さんの分だけでなく、奥さんの分も写っています)


なんかとってもいい写真
今年の年賀状候補


IMG_1372-400.jpg


10杯でかけそば1杯分だそうで

100杯以上で横綱と認定されるそうです

わんこそば終了後に食べたお椀の数を記入してくれます
頑張ればもっと食べられそうでしたが、美味しいと思えるくらいで終了



旦那さん53杯、奥さん27杯
まあまあ平均点という感じでしょうか!?

IMG_28422-400.jpg
▲わんこそば大食い証明書

 IMG_28412-400.jpg


人生初めてのわんこそば体験
元は取れてないとは思いますが
とっても楽しかったです

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-400.html

2017/09/01 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 花巻駅徒歩10分 やぶ屋総本店 わんこそば初体験

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。