中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

箱根富士屋ホテル 平日チェックインは16時までに 館内案内ツアー

   ↑  2017/10/20 (金)  カテゴリー: 富士屋ホテル
富士屋ホテル宿泊の楽しみの一つ、宿泊者限定の館内案内ツアー。宿泊者しか参加できないので、ぜひ16時前にチェックインして館内案内ツアーに参加してみて下さい。館内案内ツアーは、日~金曜日(除外日あり)の16:00~(30分程度)で、集合場所は当日チェックインのときに案内されます。ホテルスタッフさんと巡ると色々な発見が出来て楽しかったです。場所は日によって違うそうですが、メインダイニング「ザ・フジヤ」は外せませんよね。



今回の館内案内ツアーの集合場所は
(2015年1月下旬日曜日)
花御殿の地下の教会

こんなところに教会があったとは初めて知りました

IMG_7786 (2)-408 

集合時間の16時には30名弱の参加者が集まりました

IMG_7712-408.jpg

まず同じく花御殿の地下にある史料展示室の案内
営業時間は9:00~21:00(入場無料)
その時間内ならいつでも見学出来ます
富士屋ホテルの歴史が展示されています
チャップリンやジョン・レノンなどの宿泊者の資料もありますよ

IMG_7828-408.jpg

IMG_7834-408.jpg

IMG_7833-408.jpg


花御殿から通路を通り本館へ
歩きながらでも色々な富士屋ホテルの豆知識を教えてくれます


そしてツアーのメインイベント

富士屋ホテルのメインダイニング
「ザ・フジヤ」

16:24

 IMG_7721-408.jpg


誰もいない「ザ・フジヤ」
こんな素敵な写真が撮れました
食事をしているときは、他の方の迷惑になるから
メインダイニングの写真は撮れないですもんね


IMG_7746-408.jpg 


トークも軽快でツアーは盛況です
日帰りで富士屋ホテルには何回か訪れていますが
説明を聞くと初めて気づくことが沢山ありました


IMG_7749-408.jpg 


こういう機会がないと
ゆっくり天井や壁を見ませんよね
格天井には636種類の異なる高山植物が描かれ
壁には十二支を初め色々な彫刻があります
自分の干支を探したり近くで彫刻を見たりと皆さん興味深々
レストラン中央の欄干には
野球やゴルフなどスポーツをしている姿が彫刻されています
全く気が付きませんでした
遊び心ありますよね


富士屋ホテルの歴史や風格が
散りばめられた
「ザ・フジヤ」です




IMG_7754-408.jpg

IMG_7757-408.jpg IMG_7753-408.jpg
▲十二支やスポーツの彫刻




この話は有名ですが

3代目の山口正造氏が築いた「ザ・フジヤ」
柱の下にはその3代目・山口正造の顔を模したレリーフがあります
ホテルスタッフがきちんと働いているか目を光らせているとのことです


IMG_7750-408.jpg 



この館内案内ツアーだと誰も食事中ではないので
その3代目の山口正造氏と
バッチリ記念写真も撮れましたよ




IMG_6783-408.jpg

 
「ザ・フジヤ」で解散

ツアーでもらったサッシにスタンプを2ヶ所押て
16:50に部屋に戻りました

IMG_2966-408.jpg



富士屋ホテルの魅力をあらためて感じた有意義な館内案内ツアーでした

 

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-408.html

2017/10/20 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 箱根富士屋ホテル 平日チェックインは16時までに 館内案内ツアー

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。