中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

野沢温泉 外湯 観光客にお勧めは熊の手洗湯

   ↑  2018/01/14 (日)  カテゴリー: 野沢温泉
野沢温泉の住所は、長野県下高井郡野沢温泉村。村の名前に「温泉」がついています。
まさに温泉のまち野沢温泉には、天然温泉かけ流しの外湯が13か所もあります。それぞれ雰囲気のある外観。地元の方がきちんと管理していて、とても清潔です。観光客は感謝して入らないといけませんね。外湯はすべて無料で入れますが、入り口にお気持ちを入れる賽銭箱があります。

そんな温泉のまちですから、地元の方々は大の温泉好きで一日中お湯に入っている感じがしました。


しかも熱いお湯が大好き

どのくらい熱いかというと・・・



宿泊した「旅館さかや」のほど近く
一番有名な外湯、野沢温泉のシンボル的存在

大湯(おおゆ)


観光客の私では熱くてとても入れません
45℃はありそうです

IMG_3026-420.jpg
▲大湯(おおゆ)


向いには足湯があります
さすがに熱くはなく…というよりぬるい


 IMG_3290-420.jpg
▲左が大湯、道をはさんで右に足湯


足湯には白い湯の華がいっぱい


IMG_3302-420.jpg




外湯めぐりをしようにも湯舟に入れないのは悲しい・・・

で、地元の方に観光客の私でも入れる外湯を2軒教えてもらいました

まずは

熊の手洗湯(くまのてあらゆ)

お賽銭をあげて入りました


熊の手洗湯は野沢温泉初心者の
観光客にはお勧めです


IMG_3203-420.jpg
▲熊の手洗湯(くまのてあらゆ)


IMG_3205-420.jpg


あつ湯とぬる湯と2つの湯舟があります


このようにあつ湯とぬる湯と2つ湯舟があるのは
この熊の手洗湯(くまのてあらゆ)、大湯(おおゆ)、中尾の湯(なかおのゆ)
あとの外湯は、湯舟がひとつです

お湯は宿のように常時管理されている訳ではないので、
お湯の温度は天候により左右されます


私はあつ湯、ぬる湯とも入れました
旦那さんは、ぬる湯だけ
ぬる湯は、42℃くらいで
あつ湯は、43~44℃くらいの感じでした



IMG_8125-20.jpg


湯舟の前に着替えをするところ
壁は、着替えを入れる簡素な棚

IMG_8123-420.jpg



続いては、こちらも温度が比較的低いと教えてもらった

中尾の湯(なかおのゆ)

温泉街からちょっと離れていますが
共同浴場の中で、一番大きい木造湯屋建築

こちらも湯舟が2つあります
ぬる湯は、ぬるすぎて寒かったです
地元の人も、今日はぬるすぎると言ってました



IMG_3276-420.jpg
▲中尾の湯(なかおのゆ)



 IMG_3282-420.jpg


野沢温泉の外湯、お湯の温度に気をつけて、ぜひ体験してみて下さい


関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-420.html

2018/01/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 野沢温泉 外湯 観光客にお勧めは熊の手洗湯

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)