中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

草津温泉のアクセス(草津号・バス)編

   ↑  2009/04/20 (月)  カテゴリー: 草津温泉


今回の旅行は、「草津よいとこ一度はおいで」の草津温泉(訪問日2009年4月中旬平日)決定!!スキーでは、何回か行ったことがありますが、温泉として行くのは初めてです。草津温泉は、林羅山による「三名泉」(有馬温泉、下呂温泉、草津温泉)であり、全国旅行業者が選ぶ「にっぽんの温泉100選で6年連続1位とのこと。草津温泉へ期待が高まります。もちろん、交通は電車とバスの公共交通機関を利用した旅です。「びゅう」で列車と宿泊のセットを申し込みました(JR利用時はびゅうは安いので)。宿泊先は、お風呂が有名な奈良屋にしました。  


※時刻などのデーターは、ブログアップ時のものであり、変わることがあります。詳しくは確認して下さい。 

【アクセス(交通)】 

東京から草津への行き方は色々なホームページに詳しく書いてあり助かりました。さすが、草津温泉です。

①新宿(代々木)からJRバス関東「上州名湯めぐり号」で約4時間
※上州湯めぐり号は、伊香保温泉に行く時に乗車しました。終点まで乗車すると草津温泉です。
そのページ→伊香保温泉のアクセス(バス編) です。

②新宿駅から長野新幹線で軽井沢。バスで草津。約2時間20分~3時間
③上野駅から「草津号」で長野原草津口。バスで草津。約3時間 
 

 

※詳しくは、草津温泉観光協会ホームページ「湯Love草津」のアクセスのページをご覧下さい。電車とバスの時刻表も記載されてます。またこのサイトには、湯畑のライブ映像もあります。私は、この時期寒暖の差が激しく、草津での服装がわからなかったので、ライブ映像に写る観光客の服装を参考にしました。 結局、ブラウスにニットとスプリングコートで行きました。1日目は、それでよかったのですが、2日目は暖かく旅館に荷物と一緒にコートも預かってもらいました。

で、電車が好きなので、③のアクセスを選択。上野から長野原草津口に行く「特急草津号」には、草津1号(7:20発、9:49着)草津31号(9:00発、11:26着 ※土曜、休日運転)、草津3号(10:00発、12:30着)草津5号(12:00発、14:33着)があります。私たちは草津3号(上野10:00発長野原草津口12:30着)に乗車しました。

では、私たちが実際に行ったアクセス(交通)を紹介します。

 

【上野発10:00】

 IMG_5182.jpg IMG_5190.jpg
▲15番線 草津号   

 

ホームは、15番線。常磐線乗り場の方です。早めに行って待っていると、13番線に先頭車両が赤い電車が入って来ました。あれは!!そうです。「北斗星」が入ってきたのです。まだ時間があったのでダッシュで写真を撮りにいきました。今回の旅行の候補に北斗星の旅があったのですが、休日の都合で断念。残念ながら、まだ一度も乗車したことはありません。思ったより車両がとても長く、食堂車の照明がとてもきれでした。乗車した方が次々に写真を撮られていて、北斗星の人気の高さが感じられます。今度は、ぜひ乗ってみたいです。 

 

 IMG_5194.jpg IMG_5197.jpg
▲北斗星

 

話を戻して、草津3号は、時間がちょうどいいのか平日ですが指定席が6割くらいの乗車率です。14編成で新前橋で水上へ行く車両と切り離されます。その為真ん中には、運転席があり通り抜けはできません。間違った車両に乗車しないように注意です。

  

IMG_5668.jpg
▲だるま弁当 (貯金箱や壁掛けにもできるとの事だそうです)  

 

行きは、駅弁を上野駅で買いましたが、車内アナウンスで「だるま弁当」に気づきました。群馬に来てるのだから、「だるま弁当」を食べない訳にはいきません。帰りの電車で食べる事にしました。「売り切れたら」と思い(行きは、昼時だったので弁当は売り切れでした)車内販売の方に聞いたら、とてもいい方で予約もできるし、乗車すぐに言ってくれれば、売り切れてても追加します。との事。結局、帰りの乗車後すぐ買いに走りました。帰りの電車は、上野に帰るには最終だった事と夕御飯には早かったので、結果としては最後まで「だるま弁当」は残ってましたが、食べれたことに大満足でした。※上野へ帰る最終電車(草津6号)の為車内販売は、高崎まででした。※ちなみに四万温泉に行く時、草津1号に乗車しましたが、車内販売は高崎からの販売でした。(水上1号は車内販売はありませんでした)

 

【長野原草津口着12:30

IMG_5639.jpg IMG_5636.jpg
▲ゆもみちゃん

 

上野から約2時間30分で 長野原草津口到着です。ゆもみちゃんが、お迎えてます。(今回は、熱の湯が工事中の為ここでしか会えませんでした。)もちろん記念写真をゆもみちゃんとしました。ただ草津温泉のJRでの入り口だと思うのですが、「ようこそ草津へ」みたいな大弾幕があちこちに張ってあるかと思いきや質素な感じです。草津には、車で行かれる方が多いのでしょうか~。ホームには、待合室やトイレはありません。改札を出た所に新しく綺麗なトイレや待合室、軽食が売っている所がありますが全体的には、かなり静かな所です。

 

 IMG_5626.jpg IMG_5624.jpg
▲直進して階段を降りると右の写真のバス乗り場にいきます

   

【長野原草津口発12:38発】 

駅の階段を降りると草津温泉行きのバスが接続しています。長野原草津口から草津温泉バスターミナルまでの料金は、670円、約20分です。小銭がない方は、バスの右にある販売機で切符を買います。ある方は、そのまま乗車し降りる時に払います。満員の時(臨時バスも出るとは聞きましたが)は、立つこともあるそうです。混雑時はうろうろしないで、早めに席を確保した方がいいですね。今回は、皆さんらくらく座ることが出来ました。急行は、草津温泉バスターミナルまでノンストップ直行です。急行でなくても途中ほとんど停車はしませんのであまり変わりませんが。

 

【草津温泉バスターミナル13:00到着】

IMG_5602.jpg
▲草津温泉バスターミナル(1階には旅館のバスが待機してます) 

 

JRバスは、バスターミナルの2階に到着します。バスターミナルには、トイレやロッカー(300円、400円)、や土産屋もあります。帰りのバスの切符は、ここで買います。エスカレーターで1階に降りるとそこには、色々な草津温泉旅館の人が各々の宿の目印を持って宿泊客を待っています。ここから、宿泊先の奈良屋まで、徒歩で6分位なので送迎バスの予約はしていませんしたが、奈良屋旅館の方がいたのでバスで旅館まで行くことにしました。下り坂を行き草津温泉観光で一番有名な湯畑を通りすぎ、すぐに奈良屋に到着しました。

 

IMG_5319 dennsyayou
▲奈良屋 

 

伝統を感じる門構え。パンフレットによく掲載されているのと同じです。奈良屋旅館の前の「西の河原通り」は狭いのに交通量が多いです。特に、チェクインやアウトの時間帯は交通量が多くなるうえ、玄関の前に車を駐車したりするので、なかなかうまく写真が撮れません。うまいタイミングがあったら早めに写される事をお薦めします。

ちなみに帰り(土曜)のアクセス(交通)は、草津温泉バスターミナルまで約6分歩いて、15:20→15:45のバスに乗り、16:38→19:13の草津6号に乗車しました。帰りの電車は土曜であり、また上野へ行く最終の草津号という事で、とても空いていました。長野原草津口から上野への電車は、草津2号(10:58発、13:30着)、草津32号(13:38発、16:08着 ※土曜、休日運転)、草津4号(14:50発、17:20着)、草津6号(16:38発、19:13着)があります。

 

草津温泉へ電車・バスのアクセス(交通)は、大変快適 でした 

 

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-44.html

2009/04/20 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 草津温泉 奈良屋
この前の記事 : 桜 名所 中野通り 

Comment

コメントを投稿する 記事: 草津温泉のアクセス(草津号・バス)編

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 草津温泉 奈良屋
この前の記事 : 桜 名所 中野通り