中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

角館観光 武家屋敷通り

   ↑  2009/07/31 (金)  カテゴリー: 玉川・後生掛・乳頭温泉


訪問日(2009年7月上旬平日)。秋田の秘湯湯めぐりを満喫のあとは、角館観光です。JR東日本の駅には、桜の季節各地の桜の名所のポスターが飾られますが、その中でも「角館の桜と武家屋敷のポスター」がとても素敵で、是非一度訪れてみようと思っていたので、桜の季節ではありませんが足を延ばしてみました。田沢湖からこまちで約20分(1050円、あまり本数がないので時間はご確認を。)角館到着。JRのポスターに掲載されるくらいだから駅前にはお土産やさんやお店がいっぱいでさぞかしに賑わっていると思ったら。。。綺麗に整備された駅ですが、駅前にはなにもない。あれ?桜の時期以外は、お休みなの?とりあえずロッカー(500円、300円、200円。あまり数はないです。)に荷物に入れ、角館武家屋敷観光へ出発です。駅にあった「KAKUNODATE PRESS 角館」は武家屋敷の説明やお店の紹介、また地図もあったので大変役に立ちました。

IMG_7534-k.jpg
▲角館駅、壁には桜の花びら 

  

「角館」は、市だと思っていたら町でした。市は、仙北市でした。(今回の旅の玉川温泉、後生掛温泉、乳頭温泉すべて仙北市でした)その角館の名前の由来は諸説あるみたいですが、桧木内川と院内川に交わった角(かど)のところに館がつくられたことにより「角館」と 呼ばれるようになったそうです。この角館が歴史に登場するのは豊臣秀吉の小田原攻めで戸沢氏が功績により秀吉より領知朱印状を与えられたことによってだそうです。(駅の説明看板より) 

  

 IMG_7535-k.jpg IMG_7404-k.jpg    
▲駅の由来▲ロッカーもモノトーン調 

IMG_7525-k.jpg IMG_7520-k.jpg  
▲交番も景観を考えたデザイン 

 


【角館観光コース】 

コースは角館駅→小田野家・河原家(約15分)→昼食(古泉洞)→岩橋家(約5分)※途中の伝承館付近の有名な桜の木を見ながら→青柳家(約5分)→石黒家(すぐ)→内町武家屋敷通りを戻り角館プラザを曲がり横町橋(約10分)→桜並木遊歩道(約5分)→内川橋より左へ行き安藤醸造元本店(約10分)→田町武家屋敷(約15分)→角館駅の順で観光しました。見学する時間を入れないで、所要時間ゆっくり歩いて約65分コースです。内町武家屋敷通りのところは、少しゆっくり歩いた時間となってます。道から外れているのでうっかり松本家を忘れてしまいました。(岩橋家の次に見て下さい)。またレンタサイクリングを借りると時間短縮です。

では、実際に行ったルートです。もちろん見学や歩き方により所要時間は、異なります。5分単位です。雨だったので徒歩です。







角館駅出発。12:00

 




【内町武家屋敷通り】 

 

【小田野家・河原田家】(12:15~12:35)

入館料無料、開館9:00~16:30、12月1日~4月中旬まで休館 

まずは、武家屋敷通りを目指します。角館駅からまっすぐ交番の前を通り、駅通り商店街。角館郵便局に突き当ったら右へ。中央通り商店街を歩いて約15分。 途中の道は、ほんとうにあるのかと思うぐらい普通の町並みで心配になりましたが、無事に徒歩15分で小田野家、河原田家到着。もう内町武家通です。

IMG_7408-k.jpg  IMG_7409-k.jpg
▲仙北市指定史跡 小田野家

IMG_7416-k.jpg IMG_7419-k.jpg  
▲仙北市指定史跡 河原田家

 

【古泉洞】(12:35~13:05)お昼を食べました。

小田野家、河原田家近くの古泉洞で昼食。武家屋敷通りの景観にとってもマッチしている建物です。昔は寺子屋だったそうです。店内には、角館に伝わる時代物の人形も。メニューは少なく、温かいのと冷たい、そばと稲庭うどん。営業時間9:00~16:30 無休(11月~3月不定休)武家そばを注文。稲庭うどんのようになめらかでとても美味しかったです。

IMG_7421-k.jpg  IMG_7425-k.jpg
▲古泉洞

IMG_7423-k.jpg  IMG_7427-k.jpg
▲武家そば1050円 (武家屋敷通りで食べるならやっぱりこれでしょう)

 

 

【岩橋家】(13:10~13:30)秋田県指定史跡

入館料無料、開館9:00~16:30

角館の中流武士の一般的な家だそうで、映画「たそがれ清兵衛」のロケ地。「たそがれ清兵衛」の映画を見てなかったので、てっきり主人公の清兵衛の家だと勘違いし、貧しい武士のわりには立派な家だなぁと思っていたら、身分の違う「宮沢りえさんが演じる飯沼朋江の実家として、使われたそうです。やっぱり。江戸時代末期に改築され、屋根もかやぶき屋根から木羽ぶきに。屋敷内には、約280年と推定される天然記念物柏の巨木があります。緑鮮やかで落ち着きのあるたたずまいです。 

 

IMG_7432.jpg  IMG_7431-k.jpg
▲岩橋家

IMG_7437.jpg
▲天然記念物 岩橋家の柏 

 

内町武家屋敷通りの両側には、枝垂れ桜。伝承館付近の枝垂れ特に有名です。京都よりお嫁に来た姫君が花嫁道具として持参した3本の枝垂れ桜が長い年月をかけ全国に知れ渡る角館の桜になったそうです。桜の季節には、歩行者天国になり、多くの観光客が来るそうです。桜はありませんが、武家屋敷の黒い塀と緑もマッチしていてとてもよかったです。 

 

IMG_7446-k.jpg 
▲内町武家屋敷通り 

 


青柳家 】(13:35~14:15)秋田県指定史跡(主屋・門・蔵)

入館料大人500円、中高生300円、小学生200円、開館4月~11月9:00~17:00、12月~3月9:00~16:00  トイレあります

角館でもっとも代表的な武家屋敷です。青柳家の薬医門は、上級武士にしか許されない門ですが藩への功績が認められ許されたそうです。3000坪の敷地は、日本に1本しかない珍しい枝垂れ桜をはじめ四季折々の花や木々が植えられています。また武器蔵には、武田流兜と言われる六十二間小星兜や重要文化財である秋田郷土刀など多くの貴重な歴史の品々がありました。敷地内には食事処やカフェなどもありゆっくり出来ます。

 

IMG_7479-k.jpg IMG_7493-k.jpg 
▲青柳家薬医門 ▲青柳家母屋

IMG_7487-k.jpg IMG_7485-k.jpg
▲ 六十二間小星兜  ▲鉄砲と刀

   

IMG_7486-k1.jpg
 ▲鎧、兜(これだけ並ぶとすごい迫力です)

 

 


石黒家】 (14:15~14:45)仙北市指定史跡 

入館料高校生以上300円、小中生100円、開館9:00~17:00、  トイレあります

石黒家は、角館の武家屋敷6軒の中でもっとも格式が高そうです。主屋は築200年経ってます。靴を脱いで座敷にあがり係の方が案内や解説を10分くらいしてくれます。欄間のカメの透かし彫りは、光があたると壁に影絵のように彫られたカメが映ります。

 IMG_7455-k.jpg IMG_7477-k.jpg
▲石黒家(緑がとても鮮やかでした) 

IMG_7461-k.jpg IMG_7468-k.jpg
▲透かし彫り ▲兜と鎧

 


【「角館こだわり蔵」】(14:55~15:15)お土産買う


角館で困ったことは、お土産屋がなかったことです。もちろん角館の伝統的なお土産屋はあるのですが、会社に持っていくようなB級お菓子が見つかりません。旅行途中に買うと荷物になるので最後の角館でまとめて買おうと思っていたら、駅前にはお土産屋さんがなくあせりました。途中の角館プラザホテルの「角館こだわり蔵」でやっと見つけほっと。2000円以上買えば送料無料ということなので、全部ここで買いました。荷物が増えないでとても助かりました。

 


【桧木内川堤の桜並木】(15:20~15:25)

 

ここも角館の桜の名所です。こちらはソメイヨシノ。桜が咲いてる気分になって歩いてみました。

IMG_7497-k.jpg IMG_7496-k.jpg  
▲桧木内川堤の桜並木 

 

 

【安藤醸造元本店、田町武家屋敷通り】(15:35)

安藤醸造元本店では、試食もやっているみたいですが写真だけを撮り、西宮家を見ながら田町武家屋敷通りを通り角館駅に戻りました。途中には立派な新潮社記念文学館がありました。

 

 

IMG_7507-k.jpg IMG_7510-k.jpg  
▲安藤醸造元本店  ▲田町武家屋敷通り 

 

 


角館駅到着15:50

 



やはり少し疲れました。角館に田沢湖から11:54分到着。滞在時間約4時間半、角館を観光し、16:26分発のこまちで東京へ。緑の角館もなかなかよかったです。次回は、やっぱり桜の季節かなぁ。

角館町観光協会ホームページ仙北市公式ウェブサイト



 

関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-72.html

2009/07/31 | Comment (8) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


懐かしい

角舘の武家屋敷懐かしく拝見しました。私は石黒家と青柳家の2箇所しか訪れていませんが、庭に大きな蕗が茂っていたのと、石黒家の透かし彫りが印象に残っています。
石黒家の方が、角舘の四季折々の様子を、ブログで公開されていますので、時々その方のブログを覗きにいって「角舘」を懐かしんでいます。
また訪れてみたい、趣のある街です。

kite |  2009/08/03 (月) 12:26 [ 編集 ] No.21


Re: 緑が鮮やかでした

kiteさま

コメント本当にありがとうございます。

角館にも足をのばされたのですね。桜の季節でしょうか?

桜の印象の強い角館ですが、緑と武家屋敷の黒い塀との調和もまた別の趣きがありました。私も石黒家の透かし彫り、青柳家の武田流兜、岩橋家の柏の巨木がとても印象に残っています。今回は、あまりにも欲張ってまわり過ぎたので後半疲れてしまいましたが、次回はゆっくり散策したいと思います。

achikochi |  2009/08/03 (月) 20:07 [ 編集 ] No.24


なつかしい

角館は、10年くらい前かな、バイクで東北一周したときに立ち寄りました。ちょうど夏祭りをやってて、ちょっと雰囲気が違うなって思いました。
角館は、桜の季節もいいですし、雪景色もとっても綺麗そうですね。あの時はコースの関係で乳頭温泉方面には行けなかったのですが、秘湯とセットならとても印象に残る旅になりそうです。しかし、乳頭温泉、やや遠いのが難点かな。まあ、近かったら秘湯とは呼べないんだろうけれど。

fabio777 |  2009/08/09 (日) 11:00 No.29


Re: 角館にも行かれたことがあるのですね。

fabio777さん、こんにちは。

できれば武家屋敷は静かな雰囲気で見て回りたいですね(でも桜が満開の時季は武家屋敷の通りも歩行者天国になって、ごったがえしてしまうそうです)。
今回の秘湯巡りには大満足でした。機会がありましたら是非乳頭温泉郷へも足を延ばしてみてください。

achikochi |  2009/08/09 (日) 15:55 [ 編集 ] No.30


質問です。

今度中学校の野外活動で自主研修があり、武家屋敷通りに行く予定です。とても役に立ちました!ありがとうございます。
お聞きしたいのですが、角館プラザのお土産情報について詳しく教えてもらえないでしょうか。よろしくお願いします。

りにぃ |  2010/03/17 (水) 20:22 No.71


Re: 質問です。

りにぃさま

初めまして。

ご質問の角館のお土産屋さんですが、角館プラザホテル(ほぼ同じ場所の角館プラザ)の一階にある「角館こだわり蔵」です(今気が付いたのですが、表記が正確ではなかったですね。すみません。直しておきます)角館駅から徒歩約15分。もう少し行くと内町武家屋敷通りになります(場所は、角館プラザホテルを目指して下さい)。営業時間は、8:00~19:00だそうです。(ホテルの方に聞いたところ)。7:30と聞いたことも…。2000円以上買うと送料無料(2010/03/18時点で)。昨年の秋田旅行の最終地「角館」でお土産を買おうと思っていたら、駅前にお土産屋さんが見当たらなかったので、とても重宝しました。秋田の色々なお土産があったと思いますが、「きりたんぽ」や「ご当地スナック」を沢山買った記憶があります。

是非角館観光を楽しんで来て下さいね。

achikochi |  2010/03/18 (木) 10:09 [ 編集 ] No.72


ありがとうございます!

有難うございました!!!
角館に行ったらお土産は角館こだわり蔵で買おうと思います!!!

りにぃ |  2010/03/19 (金) 21:54 No.73


Re: こちらこそありがとうございます

りにぃさま

わざわざありがとうございますi-233
すこしはお役に立て良かったです。
気に入ったお土産が見つかるといいですね。


achikochi |  2010/03/19 (金) 22:09 [ 編集 ] No.74

コメントを投稿する 記事: 角館観光 武家屋敷通り

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)