中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

高尾山 初心者コースハイキング

   ↑  2009/09/21 (月)  カテゴリー: 高尾山


訪問日2009年9月5連休中。ミシュラン3 つ星に富士山と一緒に堂々紹介されている高尾山。自然豊かなのに都心からのアクセスが抜群。またケーブルカーやリフトの乗り物があり、茶屋には高尾山名物があり、由緒ある高尾山薬王院まであり、ハイキングだけでなく色々と楽しむことが出来るのが魅力です。体力や見どころによりハイキングコースは6コースと稲荷山コース(と言ってもスタートは、1号路、6号路、稲荷山コース。あとケーブルカー、エコーリフトです。6号路・稲荷山コースは頂上まで茶屋はありません。)があり、ご年配から子供まで楽しめます。紅葉にはまだ早いですが、5連休の日曜日その高尾山にハイキングに行ってきました。

   

 

では、行ってきます。

JR中野駅AM6:48発

JR高尾駅AM7:31到着

 

中央線特別快速で約43分。無事到着です。連休のため朝早いにもかかわらず電車は混雑していて、立川でやっと座れました。車内には、リュックを背負い登山やハイキング風の方が目につきます。

 

IMG_5628-ta.jpg
▲高尾駅

 

京王高尾線高尾駅AM7:48発 

 

高尾山口駅AM7:51着

 

 

京王高尾線へ乗り換えです。乗り換えは中央線の中央の車両に乗車しているとスムーズです。高尾駅で下車した方々は高尾山に行くのかと思ったら、ほとんどの方が山梨方面の他のJRに乗り換えました。人の流れについていけば、京王高尾線に乗り換えられると思ったら、大違いでした。この時間は、高尾山に行く方はまだまばらです。京王高尾山口駅のトイレには、すでに列が(当たり前ですが、京王高尾駅のトイレの方が空いていました)。早めがいいですね。

 

IMG_5632.jpg IMG_5634-ta.jpg
▲京王高尾線の高尾山口駅


高尾山口の改札を出て右に行き、遊歩道を約3分くらい歩くと高尾山です。途中に公衆トイレがありますが、あまり綺麗ではありませんでした。

IMG_5638-ta.jpg IMG_5639-ta.jpg
▲高尾山に行く遊歩道 

 


AM8:00高尾山の入り口に到着

 

朝早いので駅前のお店はまだ閉まっていて寂しい感じです。今回の高尾山ハイキングは、ケーブルカーとエコーリフトを利用したお手軽な超初心者コースにしました。上りは、ケーブルカーで中腹まで行き、一番有名な自然研究路1号路で薬王院を通り山頂へ。帰りは、吊り橋があり自然豊かな自然研究路4号路、自然研究路1号路を通り、中腹からエコーリフトで下りました。4号路は、少し傾斜のある山道です。ケーブルカーとエコーリフトの両方を使うと物足りない方は、片方のみ利用するなど自分の体力に合わせたコースを。
※ケーブルカーとエコーリフトを利用せず、1号路を登るコースは、「初詣薬王院1号路上り編(2011)」、下るコースは「初詣1薬王院号路下り編(2011)」に書きました。また薬王院のご利益スポットが増えていました。進化し続ける薬王院です。


 

IMG_5644s-ta1.jpg 
▲高尾山の入り口(入って左にケーブルの清滝駅、右にリフトの山麓駅)

 

ケーブルカーとエコーリフトの切符は、ここで買います。ここにもトイレがありますので、ハイキング前に行かれた方がいいかもしれません。もちろん、ハイキングコースの随所にトイレはありますが、高尾山のこの頃の人気はすごく、トイレの数が追いついてないような感じです(1号路山頂付近に立派なトイレが2012年の中ごろには完成するとのことですが…)。行ける時に行きましょう。ケーブルカーの乗り場は切符売り場のすぐ左。リフトは、右のゲートから少し歩いたところにあります。幸いにも8:15分に来たのにすぐ乗れましたが、車内は満員です。ケーブルカーは、日本最高勾配31度18分人気があり難しいとは思いますが、乗るなら先頭か後方がお勧め。先頭は進行方向を見上げると、ケーブルが垂直に上っているように見えますし、後方は逆さのような感じに見えます。車内は発車前から斜めになってますが、運行中は特に手すりをしっかり握っていないと転びそうな感じさえします。(ちょっと大げさかなぁ?)でも迫力満点。1度は是非乗って体感して下さい。8時始発、終発は季節や曜日により異なる。15分間隔で運行所要時間5分。京王線・井の頭各駅から高尾山口までの往復乗車券とケーブル・リフト(往復または片道)のお得な「高尾山きっぷ」あり→詳細は京王グループ

 

 IMG_5647-ta.jpg IMG_5651-ta.jpg
▲切符売り場とケーブル乗り場

IMG_5656-ta.jpg IMG_5917-ta.jpg
▲ケーブルは2種類。「もみじ」と「あおば」 

  

 

AM8:18ケーブルカー「高尾山駅」到着

 

ケーブルカーを降りてすぐに「香住(かすみ)」があるのですが、朝早いのでまだ開店してません。人気の「三福だんご」「天狗焼(香住売店)」を絶対に食べたかったので、帰りにまた寄ることにしました。

 

IMG_5663-ta.jpg
▲ケーブルカー「高尾山駅」

 

 

AM8:20 1号路の途中からハイキングスタートです

 

 

AM8:24 かすみ台通過

 

休憩できるベンチがあり、山々の景色をゆっくり眺めることができます。

IMG_5672-ta.jpg IMG_5671-ta.jpg
▲かすみ台 

 

AM8:28 たこ杉通過

 

サル園野草園の前を通過し思ったよりすぐに、観光スポットのたこ杉に。八王子市指定の天然記念物。看板には、伐採しようとしたら一夜にして根が後方に曲折したという伝説と、その根がたこに似ていることから「たこ杉」と呼ばれるようになった由来が書いてありました。根っこを踏んだり幹や根を触らないで下さいとの「たこ杉からのお願い」の看板も。以前には金網はなかったようです。樹齢450年のたこ杉を守るため設置されたのでしょうね。大切にしましょう。

 

IMG_5680-ta.jpg
▲たこ杉 

 

AM8:31 浄心門通過

 

浄心門をくぐり、高野山薬王院へ。参道の両脇には鮮やかな赤い灯篭が連なっています。

IMG_5683t1.jpg
▲浄心門

 

 AM8:34  男坂と女坂の分岐点に到着

 

参道は途中で、男坂と女坂に分かれます。下の写真でもわかるように男坂は息切れしそうな急な階段を上っていきます。途中には、北原白秋の歌碑があります。女坂は、距離は少し長いですが、なだらかな坂が続きます。こちらの道は、とくに緑豊かです。別々の道を行っても権現茶屋で合流し薬王院の山門に着きます。私たちは、上りの時に男坂。下りの時に境内の「力ソフト(りきそふと)」を食べるため戻ってきた時に女坂と両方通りました。

IMG_5691-ta1.jpg 
▲左 男坂、右 女坂 

IMG_5694.jpg IMG_5697.jpg
▲男坂 ▲北原白秋歌碑

IMG_5822-ta.jpg IMG_5823-ta.jpg
▲女坂(自然豊かです)

 


AM8:47 天狗の腰掛け杉通過



男坂と女坂の合流地点から少し行くと樹齢700年以上と言われる天然記念物の杉。この杉の枝に天狗が腰掛けて、参拝者を見守っていると言われています。

IMG_5705-ta.jpg
▲天狗の腰掛け杉

 
 

AM8:50 高尾山薬王院の山門(四天王門)到着

 

さっそく境内に(ちょっと急な階段とかもあります)。高尾山薬王院は、1200年の歴史ある真言宗の寺院で、成田新勝寺、川崎大師平間寺とともに真言宗智山派の三大本山です。境内には、高尾山の天狗伝説や信仰がある天狗さまの像があります。また寺直営店小坊一福の名物「力ソフト(りきそふと)も境内で販売されています。
 

IMG_5708-ta.jpg IMG_5710-ta.jpg
▲山門(四天王門) ▲大天狗・小天狗像

 

  

AM8:56 大本堂到着

 

IMG_5715-ta.jpg
▲大本堂

 

AM8:59 本社飯縄権現堂(東京都有形文化財)到着

 

ここでも天狗さんがお迎えしてくれます。向かって左の魔よけの剣を持っているのが、小天狗。右の開運をもたらすうちわを持っているのが大天狗です。なかなかポーズが決まってます。本社飯縄権現堂(東京都有形文化財)は、朱色を基調とした色鮮やかなお堂です。いたるところに動物など綺麗な彫刻があります。

IMG_5727-ta.jpg IMG_5720-ta.jpg  
▲小天狗     ▲大天狗  

IMG_5723-ta.jpg
▲ 本社飯縄権現堂(東京都有形文化財)




本社飯縄権現堂を過ぎいよいよ高尾山の頂上を目指します。ここからの道は、今までの1号路とは違い少しアップダウンがある山道になります。もうすぐ山頂です。

  

IMG_5734-ta.jpg IMG_5756-ta.jpg
▲頂上へ向かう1号路山道         ▲頂上広場

  

 

AM9:20 高尾山山頂に到着

 

 

ケーブルで中腹まで上がってきているので、所要時間は約1時間5分。男坂の階段と本社飯縄権現堂から山頂への道が少し大変なくらいで、お手軽なハイキングコースでした。高尾山頂上からは秋晴れに富士山がくっきり見え感動です。



IMG_5742-ta.jpg 
▲高尾山山頂から見える富士山(雪はまだありませんが)



高尾山山頂到着9:20。普段の休日ならまだ夢の中。でも、休日や紅葉など人での混雑が予想される時は 出来るだけ早く山頂に着くことが大事だということがよくわかりました。前日に高尾山の公式ホームページが開かなかったことから予想は出来ましたが(きっとアクセスが集中して)、ミシュラン3つ星の高尾山の人気は恐るべしです。
その混雑状況ともうひとつの魅力の茶屋の名物については、「高尾山茶屋香住(かすみ)の天狗焼き・だんご」のページに書きました。そばや団子や力ソフト(りきそふと)や天狗焼きと高尾山グルメに舌鼓。



関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-88.html

2009/09/21 | Comment (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- |  2010/04/18 (日) 19:41 No.84


Re: はじめまして

コメントありがとうございます。
お天気がいいといいですね。
頂上からの富士山の眺めは、とても綺麗です。
高尾山グルメも是非堪能して下さいね。

achikochi |  2010/04/18 (日) 20:28 [ 編集 ] No.86


はじめまして、今月の最後の日曜日に高尾山に行こうとおもいこのHPみつけました、みんな初心者なのでどうしようかなとおもっていたのですが、とてもわかりやすく、このとうり歩こうかなと思います。

sato |  2011/10/13 (木) 11:02 No.132


Re: コメントありがとうございます

satoさま
はじめまして。日曜日お天気が良くて、頂上から富士山が拝めると良いですね。ケーブルカー、エコーリフトと両方利用すると少し軽めのハイキングになります。体力にあわせて検討してみて下さいね。高尾山名物の三福だんごや天狗焼きも是非チャレンジして下さい。

achikochi |  2011/10/13 (木) 12:37 [ 編集 ] No.133

コメントを投稿する 記事: 高尾山 初心者コースハイキング

お名前(ハンドルネーム)、コメントでお気軽にどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)