中野発あちこち公共交通機関(電車・バス)と自らの脚で(エコ重視?)あちこち巡る旅行記です。旅行で日本を元気に! 

このページの記事目次 (新しい記事より順に表示)

total 69 pages  次のページ →  

お遍路ツアー 8日目前半 雲辺寺ロープウェイに乗ります

   ↑  2017/06/18 (日)  カテゴリー: お遍路
お遍路ツアー8日目(4月中旬から下旬)は、朝一番の三角寺で伊予の国(愛媛県)「菩提の道場」終了です。道後温泉や岩屋寺など、印象に残った菩薩の道場でした。今日も快晴。

朝7:30出発です



【六十五番札所 三角寺(さんかくじ)】8:09
鐘が吊るされている、とても珍しい山門です。


IMG_2111-ohenro.jpg 
▲三角寺 山門


「是でこそ登りかひあり山桜」という一茶の句碑があります

IMG_2117-ohenro.jpg IMG_2115-ohenro.jpg
▲本堂 ▲一茶の句碑

ここからいよいよ讃岐の国(香川)「涅槃の道場」へ


IMG_2120-ohennro.jpg



【六十六番札所 雲辺寺(うんぺんじ)】9:32
八十八ケ寺のなかで標高911メートルと一番高いところにある雲辺寺。徳島県と香川県の県境にあり、香川県の札所ですが、住所は徳島県。
今回ツアーで2回目のロープウェイ。約7分間乗車です。全長2600メートル、高低差660メートル、大人往復2060円。


IMG_2121-ohenro.jpg
▲ロープウェイ

 IMG_2122-ohenro.jpg


ロープウェイを下りると県の境界線があります


IMG_2124-ohenro.jpg


ロープウェイから本堂まで徒歩約5分
おむかえ大師の像がお迎え

IMG_2125-ohenro.jpg  

IMG_2129-ohenro.jpg
▲本堂
 

おたのみなす


ナスに腰かけると願いが叶う
手前のナスの輪を潜ればご利益倍増だそうです

腰かけてナスの輪を入れて撮ると素敵な写真になりました


ナスは、花が全て実になることと
ナス(成す)をかけて命名したそうです


IMG_2131-ohenro.jpg
▲おたのみなす(輪のナスの向こうには、腰かけるナスがあります)


【六十七番札所 大興寺(だいこうじ)】10:49

IMG_2134-ohenro.jpg 

次のお寺、68番神恵院と69番観音寺が同じ境内にあり
納経所は一緒
入り口の山門も同じです


 IMG_2142-ohenro1.jpg



六十八番目札所 神恵院(じんねいん)】11:34



IMG_2143-ohenro.jpg
▲本堂


六十九番目札所  観音寺(かんのんじ)】12:01


 IMG_2145-ohenro.jpg
▲本堂 重要文化財



【昼食】手打ちうどんきたの 12:22
観音寺よりすぐです。天ぷら(小エビ)490円が一番人気だそうです。



IMG_2149-ohenro.jpg 


ぶっかけ440円
出てくるまでちょっと時間がかかりましたが
麺がしこしこでつゆがとっても美味しかったです



IMG_2148-ohenro.jpg 
▲ぶっかけ



ごちそうさまでした

スポンサーサイト

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-386.html

2017/06/18 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベランダ菜園 残念 スイカ受粉しなかった

   ↑  2017/06/16 (金)  カテゴリー: スイカ
【6月12日】
自ら蔓の成長を止め、摘心してしまったスイカ。その蔓の先端から最後の力を振り絞って雌花が咲きました。しかしその朝に咲いた雄花がない。ダメ元で、受粉させることにしました。受粉の仕方は、早朝に、雄花を取って花粉を雌花のめしべに優しくタッチ。これで完了。


頑張れ雌花


IMG_2741-suika.jpg 



【6月15日】

雌花が受粉すると赤ちゃんスイカはどんどん大きくなるらしく、数日経てばすぐにわかるそうです。3日経ちました、雌花はすっかり萎れました。どんどん大きくなってるという感じではないですね…。今ごろ雄花が咲いています。やっぱり咲いたばっかりは、花粉が多そうです。


IMG_2748-suika.jpg 

【6月16日】

4日経ちました
残念ながら変化なしです

 
やはり受粉はしなかったみたいです。受粉しなかった理由として、その朝に咲いた新鮮な雄花でなかったことが一番だと思います。もうひとつに、調べてみると寒いと受粉しにくいようです。やはり夏の果物スイカですもんね。今は梅雨の時期ですから、梅雨が明けるまで気長に待ちたいと思います。

 
IMG_2750-suika.jpg


蔓の成長を止めてしまったスイカ
遠慮がちに出てきた子蔓が
力強くなってきました
蔓の植物の生命力には感心します

IMG_2751-suika.jpg





(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-381.html

2017/06/16 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路ツアー 7日目後半 一円玉と金剛杖を忘れずに

   ↑  2017/06/14 (水)  カテゴリー: お遍路
お遍路ツアー7日目の午後のお寺は順番通りではありません。金剛杖を穴に通したり、一円玉を投げたり、あの話題の62番札所にお参りに行ったりとバラエティに富んでます。まずは瀬戸内海を左手に眺めながら、香園寺へ向かいます。

IMG_2061-ohenro (1)




【六十一番札所 香園寺(こうおんじ)】12:50
今までの四国霊場の雰囲気と違い、鉄筋コンクリート造の立派な建物にびっくり。本堂や大師堂は、大聖堂のなかに入っています。本堂内は通常は写真撮影禁止ですが、「ここは写真撮っても大丈夫だよ」と先達さんが教えてくれたので、撮りました。広大な大聖堂のなかは、イスがあり、座ってゆっくりお参りも出来ます。

IMG_2061-ohenro (2)-ohenro

【六十三番札所 吉祥寺(きちじょうじ)】13:15
本堂の前から目をつぶって願いことを念じながら、まっすぐ穴の開いた石へすすみ、金剛杖が穴に入ったら、願いが成就するという成就石があります

IMG_2065-ohenro1.jpg
▲本堂


実際にやってみました
見事金剛杖が穴に通りました


IMG_2068 (2)-ohenro
▲成就石



【六十二番札所 宝寿寺(ほうじゅじ)】13:44
四国八十八ヶ所霊場会がトラブルになったお寺。2017年3月22日に高知地裁の判決で退会が認められました。そのため四国八十八ヶ所霊場会は、宝寿寺とは別に、61番札所の香園寺の駐車場にプレハブ小屋の札所を建て、そこで御朱印をもらえるようにしました。
つまり62番札所は2つ存在する事態。
※退会したということは、そもそも宝寿寺は62番札所ではなくなったのかなぁ??(よくわかりません)
このことは、私たちがお遍路をしているときも、地元のテレビでは大きく報道されていました。



お遍路さんは、どっちで
御朱印をもらえばいいのでしょうか?




個人で来ている方は今まで通り宝寿寺で御朱印をもらうか、新しい62番札所でもらうか自由に選択出来ますよね。先達さんが同行しているお遍路ツアーの場合は、どうなのでしょう?やっぱり、先達さんは四国八十八ケ所霊場会認定だから、新しい62番札所で御朱印をもらうのでしょうか?
一番確かなのは、参加するツアーに問い合わせることですね。

ちなみに宝寿寺の御朱印をもらう場合は、他のお寺より開いている時間が短いので注意が必要です。


そういえば、御本尊を描いた御影札は、納経帳や掛け軸に御朱印をもらうと頂けるのですが、別に200円支払った記憶があります。

早く両者が和解するといいですね。


入り口には、「一国一宮別当宝寿寺」と書かれています。これが四国八十八か所で最古の石のお遍路表札だそうです



IMG_2069-ohenro.jpg 
▲石のお遍路標識(四国お遍路で最古だそうです)


【六十四番札所 前神寺(まえがみじ)】14:12


IMG_2076-ohenro.jpg 
▲本堂
IMG_2078-ohenro1.jpg 
▲大師堂




一円玉を用意して下さい
投げて一円玉がくっつけばご利益があるそうです
一回で見事くっつきました
思いっきり投げたほうがくっつきやすいみたいです


IMG_2077-ohenro.jpg
▲御滝不動尊




【六十番目札所 横峰寺(よこみねじ)】15:26
四国霊場のなかで標高700mと3番目に高い横峰寺は、車もすれちがうのも大変な有料の林道の坂道をくねくね上がって行きます。料金は忘れてしまいましたが、結構高いなぁと思った記憶があります。4月上旬(東京もとっても寒かった)に来たときは、雪が降って大変だったと先達さんが言ってました。
駐車場から境内までは坂道で、徒歩約8分くらいです。




IMG_2093-ohenro.jpg
▲途中ベンチもあります
IMG_2081-ohenro.jpg 



IMG_2085-ohenro.jpg 
▲本堂

IMG_2090-ohenro.jpg 



【リーガロイヤルホテル新居浜】チェックイン 17:08
1人参加にしては、ゆったりとした綺麗なお部屋です。ただ大浴場がなくて残念。

IMG_2095-ohenro.jpg 


窓からの風景

IMG_2099-ohenro.jpg
IMG_2097-ohenro.jpg IMG_2098-ohenro.jpg 
IMG_2096-ohenro.jpg IMG_2107-ohenro.jpg

【夕食】18:30~
久々中華です。大皿で出てくるのを皆で分けて食べました。若い男性ばかりだと量が少ないかもしれません。
IMG_2100-ohenro.jpg IMG_2101-ohenro.jpg
IMG_2102-ohenro.jpg IMG_2103-ohenro.jpg
IMG_2104-ohenro.jpg IMG_2105-ohenro.jpg
▲最後にデザートがありました



おやすみなさい



(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-384.html

2017/06/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路ツアー 7日目 ジャンボタクシーでも1万歩は歩きます

   ↑  2017/06/13 (火)  カテゴリー: お遍路

ホテルの部屋からの風景
雲一つない晴天です
お遍路ツアーも7日目(4月中旬から下旬)出発は7:40

今日は、11ケ寺お参りします。ジャンボタクシーなので、お参りに一番近いところにドライバー&先達さんが車を停めてくれるので、他のツアーより歩きませんと前に書きました。その通りですが、毎日10ケ寺前後をお参りするので、知らず知らずのうちに、1日のトータル歩数は10,000歩以上にはなります(ツアーの方々の万歩計集計)。歩きお遍路とは比べものになりませんが、日常の生活からしたら結構歩きますよね。
また、私のようにお参りをしながら写真も撮ろうと思うと、ツアーの皆さんのお参りの足を引っ張らないように、素早く行動することになり、体力をかなり使いました。

IMG_2016-ohenro.jpg




【五十五番札所 南光坊(なんこうぼう)】7:50

今治駅からも近い、街のなかにある航海の安全を祈願するお寺です。立派な仁王門があるそうですが、ジャンボタクシーなので途中から境内へ入っているので見られず。長宗我部元親の兵火で焼失、再建後には第二次世界大戦で太子堂と金毘羅堂以外が焼失したそうです。



 IMG_2019ohenro.jpg



【糸山公園】8:22

途中糸山公園に寄りました
糸山公園から眺めた来島海峡大橋
青い空と海が眩しいです

IMG_2025-ohenro.jpg


来島海峡大橋は、しまなみ海道(広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ自動車専用道路)の中で一番長い橋(約4キロ)。大島から武志島と馬島を経由し今治を結ぶ世界で初めての3連吊橋だそうです。
橋の両脇には歩行者道と自転車道、原付道(125cc以下小型自動二輪車)があるとのこと。サイクリングをしたら最高でしょうね。




【五十四番目札所 延命寺(えいめいじ)】8:49
ちょっと順番戻ります。山門は今治城にあったものです

IMG_2028-ohenro.jpg
▲山門

 IMG_2029-ohenro.jpg
▲本堂


【五十六番札所 泰山寺(たいさんじ)】9:20

IMG_2036-ohenro.jpg 
▲本堂


大師が植えたと言われる「不忘の松」
現在は3代目の松です

IMG_2037-ohenro.jpg 


【五十七番目札所 栄福寺(えいふくじ)】9:51

IMG_2040-ohenro.jpg 
▲本堂


【五十八番目札所 仙遊寺(せんゆうじ)】10:19
境内は標高300メートル。坂道あり、階段ありです。


IMG_2043-ohenro.jpg 

IMG_2045-ohenro.jpg IMG_2047-ohenro.jpg


IMG_2049-ohenro.jpg
▲本堂


【五十九番札所 国分寺(こくぶんじ)】11:07

IMG_2054-ohenro.jpg 


願い込めて握手すると願いが叶うという
握手修行大師
もちろん握手

東京ドームの原監督のグータッチ人形を思い出しました

IMG_2056-ohenro1.jpg
▲握手修行大師

【昼食】魚河岸ごはん 矢野鮮魚 11:30
今日は日曜日なので、昼ごはんの時間には早かったですが、ほぼ満員。凄い人気です。店名に鮮魚とあるように魚屋さんが経営しているみたいです。セルフサービスのお店で、おかずは魚以外にもあり品数豊富です。
お勧めは
ミニ海鮮丼648円
(味噌汁、漬物、うずら玉子入りたれ)

※写真を撮るのを忘れ少し食べちゃったので、ツアーの方のを写させてもらいました(ぶりの照り焼きは別です)

このボリュームでミニ
先達さんがお勧めはミニ海鮮丼
ミニだよと念を押されたのがわかりました

コスパの高さにびっくりです

 
IMG_2060-ohenro1.jpg
▲ミニ海鮮丼
   


御馳走さまでした

(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-383.html

2017/06/13 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お遍路ツアー 6日目後半 石手寺の線香供養

   ↑  2017/06/12 (月)  カテゴリー: お遍路
新しいメンバーが加わり、お遍路ツアースタート。午後は、六ヶ寺もお参りと大忙し。


【四十八番札所 西林寺(さいりんじ)】12:29


IMG_1967-ohenro.jpg 
▲本堂


【四十九番札所 浄土寺(じょうどじ)】13:06

IMG_1974-ohenro.jpg
▲仁王門



【五十番札所 繁多寺(はんだじ)】13:35

IMG_1978-ohenro.jpg 
▲本堂



【五十一番札所 石手寺】14:09
道後温泉から1キロと近いため、石手寺はお遍路さんだけでなく、観光客も多く見かけます。私も2008年に道後温泉を訪れたときに石手寺をお参りしました。
境内は、他の寺とは違う異国情緒が漂い、人類みな兄弟みたいな独特な雰囲気を醸し出しています。
四国霊場のお砂撫、訶梨帝母天(かりていもてん)、安産祈願の輪くぐり、暗い洞窟のなかを四国霊場を参拝するマントラ洞窟(100円くらい)などのパワースポットや国宝、重要文化財なども多く、観光客にも楽しめるお寺です。
石手寺の名前は、元祖お遍路の「衛門三郎の伝説」で子どもが生まれたときに石を握っていたことに由来するそう。そしてその石は、宝物館(大人200円)に展示されているとのことです。


回廊のある石畳を行くと山門前
おやきのお店もあります

IMG_1981-ohenro.jpg 

大きなわらじが左右にある仁王門
国宝です


IMG_1982-ohenro.jpg 
▲仁王門(国宝)

IMG_1984-ohenro.jpg 
▲本堂(重要文化財)


石手寺はいつもお線香の煙がもうもうと漂ってます
それは本殿の前で
線香供養が出来るからです

束になった線香に火をつけその煙を悪いところにあてるとご利益があるそうです
また納経所でロウソクを買うと本殿に上がりお参りをすることも出来ます
ぜひ体験してみて下さい

IMG_1987-ohenro.jpg IMG_1986-ohenro.jpg
▲本堂 ▲火ばさみでお線香をつまみこの火でつけます


宝物館の脇にトイレ
があります


IMG_1989-ohenro.jpg IMG_1988-ohenro.jpg

時間があれば見たいことろ満載なんですが
今回はお参りの旅お遍路ですので
次の寺へ

【五十二番札所 太山寺(たいざんじ)】15:21

IMG_1992-ohenro.jpg 

IMG_1994-ohenro.jpg
▲国宝の本堂

たわしで擦ると痔が治るという礎石があり、擦ってみました




【五十三番札所 圓明寺(えんみょうじ)】15:54
四国霊場の最古の「銅板納め札」が保管されていることで有名です。

IMG_2000-ohenro.jpg
▲本堂



江戸時代に隠れキリシタンがお参りしていたという
聖母マリア像が刻まれている「キリシタン灯籠」があります



IMG_2001-ohenro.jpg 


瀬戸内海を見ながらジャンボタクシーは進みます
車窓は南国の雰囲気です

IMG_2003-ohenro.jpg 





【今治国際ホテル】チェックイン17:22
この辺で一段と目を引く立派なホテル。1人参加にもかかわらず部屋が広くて、オシャレでテンションアップです。シャワー室もありますが、大浴場があり、露天は天然温泉使用、サウナまであります。露天は気のせいか、お湯がほんの少し茶色く濁っている感じがしました。疲れも吹っ飛びます。
治城にも徒歩10分という観光に便利なところでしたが、そこまでの元気はまったくありませんでした。

IMG_2004-ohenro (2)  

IMG_2005-ohenro.jpg IMG_2010-ohenro.jpg 

アメニティーも充実
IMG_2006-ohenro.jpg

IMG_2008-ohenro.jpg IMG_2007-ohenro.jpg

夕食は6:30~
食事も品数豊富で美味しかったです

IMG_2012-ohenro.jpg 
▲夕食(鯛めしもありました)


食べる前に写真を取り忘れました
 このサクラアイスとても美味しかった

IMG_2013-ohenro.jpg

今日は午前中の岩屋寺で頑張りすぎました
坂道の参道と石段を歩いて足が筋肉痛に
おまけに
法華仙人堂の急なはしごの昇り降りで、はしごを強く握り占めていたみたいで
腕まで筋肉痛になりました


(記事編集) http://achikochi2008.blog49.fc2.com/blog-entry-382.html

2017/06/12 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |